診療内容
・皮膚科全般について診察いたします。特に力を入れている事としては
1. アトピー性皮膚炎:
最近は子供が10人いると、1人位はアトピーがあると言われる程、多い病気になりました。原因検索の一環として、パッチテスト、血液検査などを行います。指先からのわずかな採血で、当日に結果のわかる検査もあります。
2. 金属アレルギー:
ピアスでかぶれる等、はっきりと自覚される場合と、一見金属とは関係ないような足の裏や手のひらなどの皮膚炎の隠された原因になっている事があります。金属シリーズのパッチテストで確認します。
3. 皮膚腫瘍:
ダーモスコピーという機械を使って診断します。当院でとれるものはとりますし、必要な時は近隣の総合病院、大学病院と提携しておりますので、一人で悩まず、ご相談ください。近隣の美容クリニックを紹介することもあります。
4. にきび:
大人でもニキビで悩む方が多くなっています。大人のニキビはUゾーンと言って、あご周りにできやすい特徴があります。一般的な飲み薬やつけ薬の他に、必要であれば漢方薬による治療やクリアタッチなどをお勧めします。
5. みずいぼ:
子供の体に、ニキビのような小さなブツブツが突然出現し、日に日に増えてくる場合はこれです。ミズイボウィルスによって、人から人へ感染します。 放置して自然治癒をひたすら待つのも1つの方法ですが、取れるものなら、早めに取った方がよいと考えます。あらかじめ表面麻酔のシール(ペンレス)を貼って、痛み感覚を鈍くしてから取る方法もあるので、ご相談ください。
6. 足裏などのイボ:
足の裏などに硬いウオノメのようなものができたら、ウィルス性のイボかも知れません。これは放置しておくと、大きくなったり増えたりします。液体窒素で冷凍凝固して取っていきますが、治癒までになかなか時間がかかるので、他の方法も併用しながら治療します。
picture
picture